アマカノ Second Season (70)

 終わるまで8ヶ月くらいかかったか。抜きゲーは基本的に時間がかかるので当然だし、いちいちメモを取りながらやるような作品でもないので仕方ないが、初めの雪静ルートで一番言葉にしたかったことはだいたいしたので、後は性欲の波に合わせて消化していくだけみたいな流れになってしまった。とはいえ、せっかく終わったのだから、せめて箇条書きにでもして何か書いておきたい。

〇はじめに主人公とその友人たちの描写が決定的につまらなかったことを書いておこう。絵と声に支えられている作品だからこそ、その恩恵を受けられない男キャラたちは絶望的にダメだった(友人たちの立ち絵がなかったのは英断だった)。主人公のいちゃラブするときのイケメンぶりも大変にダメだった(主人公もできればエッチシーンでも描かないでほしかった)。しかしこの茶番じみたイケメンぶりを読まないと可愛いヒロインたちを愛でられないという不具合。

〇やはり一番エキサイティングだったのは雪静シナリオだった。だが物語としては特に感想もないかな。魅力のほとんどは読み物としての物語以外の部分にあったと思う。

〇奏も大変可愛かった。やはり声が素晴らしかった、正確には可愛らしかったというのが大きい。あと丁寧語というのもよい。安心できる。足が不自由という設定は、彼女の明るい性格とよい対比になっていたし、不自由であったとしてもそれは身体性を意識させる記号なので、女の子としての魅力につながっていた。そんなきれいごとが許される世界であり、雪国の冬という舞台もうまく機能していた(夏だったら汗と匂いの話が出てくる)。

〇告白する日、夕方、扉を直していて偶然のように、膝の上に軽やかに乗ってくる。それから急に告白してくれる。この間、奏ちゃんの心理描写がないのが素晴らしい(それまではさんざん葛藤の描写があったのに)。夕日の中の神秘的な心の動きを想像したくなる。膝の上の神秘的な奏ちゃん。

〇穂波は好みから外れているのであまり書くこともない。普通に可愛くてエッチだった。後輩設定だったおかげで少し助かっていた。そして、穂波だけの話ではないのだが、みんな服の胸部の盛り上がりに夢がありすぎる。胸・可愛い顔と声を眺めているだけで充実感がある。穂波はお嬢様っぽい胸元にレースのついたきっちりした服が私服なのだが、このときの胸部の充実感素晴らしく、幸せになれる。

〇涙香は声が一色ヒカルさん。一色さんといえば個人的には智代アフターの智代なのだが(僕が就職する気になった一つのきっかけの作品だ)、ヒロインとして最後に聞いたのはLovesick Puppiesの勇か…。8年前、あまり楽しめなかったゲームで、残念だが勇もほとんど覚えていない…。その前は2015年にプレイした雪影の成美、その前は2010年にプレイした「明日の君と逢うために」の里佳や「世界で一番NGな恋」の麻美になってしまうらしい。どれも攻略対象だけどサブヒロイン的な立ち位置の女の子ばかりで、やはり一番覚えているのが智代というのは当然なのだろう。智代アフターをプレイしたのは15年前の2006年で、その後の2007年に一色さんのウラシルがメインヒロインのぼーん・ふりーくすもプレイしていた(ウラシルはさすがに覚えている)。あとは2010年にAngel Bullet(セーラ役)、2012年にゆのはな(椿役)もプレイしていた。その他にはForestの薫(2006年プレイ)、flutter of birdsの大気(2006年プレイ)、Cresecendoのあやめ(2010年プレイ)など。いちいち列挙したのは、一色さんは大御所声優だけど、自分が声を聞いたヒロインはわりと似たような傾向、つまり年上のお姉さん的なヒロインが多かったということを確認してみたということだ(セーラやウラシルはイレギュラーだが、どちらもライアー作品か。大気はプレイ中は一色ボイスだと気がつかなかった)。
 最近はあまり聞いていなかったような印象があったので、「久々にあの智代の一色さんの声。しかも甘々な恋愛エロ作品か…」とやや緊張していたということがある。始めてみれば、一色ボイスはまったくの一色ボイスであり、15年間の時間の流れなどまるでないようだった。涙香はあまり僕の好みには刺さらないタイプのヒロインなのだが、ついでにいうと一色さんの声も好みからいうと外れているのだが(ルー大柴っぽいのは別にいい)、それでも変わらない一色ボイスをたくさん聞いてなんだか嬉しかった。エロゲーと共に時間を駆け抜けたというか、乗り越えた感じがした。あるはエロゲーエロゲーマーにとって時間は存在しないということだろうか。

〇一色さんの話はこれくらいにして、涙香とは直接は関係ないが、あの生徒会室についても少しふれておきたい。生徒会室だけでなく、旅館の室内、外の雪や夕日にいたるまで、この作品世界の色彩の異常な明るさについてだ。プレイしているうちに目が慣れてしまったが、はじめはちょっと驚いた。その時のメモを置いておこう:
 「雪国の冬の湿度のある、滲んだ明るさ。ヒロインの顔が火照り気味のように、風景も火照っている。雪国といえば暗い印象だけど、全体的に画面がすごく明るい。画面の中の小物がいちいちカラフル。冬なのに冷たさと暖かさが二重に感じられるような色彩。そういえばクストゥージエフユオーンが描くロシアの冬の明るさに通じるのかもしれない。生徒会室の窓の外の夕焼け空が鮮やかすぎて、主張の強い会長の容姿とも合っていて、何でもない雑務も特別な時間になってしまう」
 ピロ水作品は今回が初めてなのだが、もちろん店頭で目立つパッケージなどは以前から目にしていて、ヒロインたちの美しく上気した顔は気になっていた。髪の毛もぼんやりとやわらかく輝いていて、まったく日常的な日常であってもなんだかオーラが出てしまっている。この過剰さこそがエロゲーの立ち絵の正統的な進化だ。この作品にやさしさを沁みとおらせているのは、この冬の湿度と雪で増幅されたような暖かい光だ。そのおかげで、いわば普通の抜きゲー的で退屈なシナリオとルーチンでスポーツ的なエッチシーンの連続になってしまっても、それぞれのイベントにやさしさが感じられた。次にプレイする続編ではおそらく冬以外の話が多く、その時にはこのにじみは別の意味を帯びてくるのだろうがそれはそれとして、この作品に素晴らしい統一感を与えていた。

 

〇これからまた8ヶ月かそれ以上かけて、続編のアマカノSecond Season + をプレイすることになる。ただでさえ皆さん身体的に充実しすぎているくらいなのに、これ以上等身が上がってしまうとついていけなくなる不安が若干あるが、まだしばらくは優しい光と可愛い声を浴びるのを楽しもう。

 

 あとは2月に書いた雪静ルートの感想を再掲しておく:

 芸術評論は詳しくないのでとんちんかんな思いつきかもしれないが、絵画と彫刻、あるいは二次元と三次元の大きな違いというのは、奥行きや立体感の有無だけでなく、フレームの有無だと思う。一般に彫刻は絵画のようにフレームに守られて安定した視点から鑑賞するものというよりは、作品の周囲の様々な角度から鑑賞したものを総合して印象を得る。彫刻の鑑賞は安全地帯から行うものではなく、鑑賞する角度や遠近の自由度が高いため、逆に作品から鑑賞者(のプライベート空間)に対する干渉を意識せざる得ず、絵画よりも緊張感があり疲れる。
 エロゲーは二次元芸術なのだが、この作品をプレイしているときにぼんやりと感じていた手ごたえは、絵画というよりは彫刻(フィギュアでもいいが)を鑑賞して楽しんでいるような充実感だった。劇的な展開や壮大で幻想的な物語はなく、ひたすらヒロインの可愛さを鑑賞していくことで話が進んでいくのだが、それが彫刻的な印象だったというか。彫刻のもう一つの特徴として、硬くて無機質な素材でできた、基本的に静止したものだということがある。だからこそ芸術家たちは彫刻で、あえてやわらかいものや動きのあるものを作り、その二律背反で作品に深みを与えようとしてきた。
 まだ雪静のルートを終えただけなので、この印象が他のヒロインでもいえることなのかは分からないが、雪静の可愛さは正面向きの立ち絵の可愛さによる部分が大きいと思う。身体を縮こまらせている防御の姿勢だ。髪の毛も内側に向いていて、厚い質感を感じさせるブレザーやコートも含めてさながら重厚な鎧のようになっている(本作の美術については全ルート終えてから改めて考えてみたい)。斜め向きになっている立ち絵もワイシャツのボタンの隙間から奥がちらっと除いていて非常にハラショーなのだが、この正面の雪静は、凝固して防御していながらもその自信なさそうな気持ちの揺らぎをそのままにこちらに全身で向き合って、その身体をこちらに投げ出してくれている感じが、とてもよい(エロい)! 特に意味のないシーンでも何度もスクリーンショットを保存したくなった。この立ち絵の恋人感がそのまま作品のコンセプトを表しているのだろう。その武器がよく分かっているようで、例えば、図書室での立ち絵を使ったフレームの遊び可愛らしかった
 エロゲーは二次元なのだが、大きなおっぱいとは奥行き(というか「前行き」)であり、その意味では三次元である。したがっておっぱいは彫刻であり、動きであり、二律背反を仮託しやすい象徴である。防御する雪静はおっぱいを隠しているが、それはその立体感を押し隠し、制御しているという意味で彫刻的な姿勢だ。姿勢だけでなく、おどおどしていて口下手で、本の世界でしか安心できず、独り言みたいなしゃべり方しかできない雪静という女の子の在り方が彫刻的であるように思える。
 声についても一言触れておきたい。そもそも本作にたどり着いたのは、松田理沙さんによく似た力丸乃りこさんの音声作品「保育士のなでしこさん」を思い立って購入して、そのやわらかくて高い声(こういう高音を鼻や口蓋に響かせるような声質を専門的にはなんていうんでしょうか)にほわあーとなってしまったためだった。松田理沙の出演作品は残念ながらこれまであまり当たったことがなく、せいぜい「あまつみそらに!」の清澄芹夏くらいだったのだが、個人的にこの役は松田さんの長所を活かしきれていないように思う*1。「最果てのイマ」のイマも松田さんだそうだが、フルボイス版は邪道派だ。昔ましろ色シンフォニーのアニメを観て、みう先輩の声が印象に残っていた。そこで今回、非18禁の音声だけは満足しきれずに本作とタユタマで飢えを満たすことになった。雪静は上記の通りの性格の女の子なので、松田ボイスはよく合っている。とはいえこれでいいのかなとやや疑問な演技もあって、独り言のつぶやきのようなセリフがきちんと相手に向かって言っているようなイントネーションになってしまっているのは違和感があった。しかし、そのままボソッと呟けばよかったのかというとそれも疑問で、おそらく音声化が不可能なニュアンスのしゃべり方をする女の子なのだろう。それを松田さんが音声化すると、イントネーションに対して文章が一押し足りないようなちょっと変なしゃべり方になっていて、「~だね」とか「~かなあ」とか文末の着地を和らげる助詞があればいいのに(あるようなイントネーション)、なぜか断言めいた言い方になっていしまっていて、その歪みが可愛らしい。これをからかってあげて愛でたい気もするが、そうするとしゃべり方が普通になってしまうかもしれなくてもったいない。主人公(当然本名プレイ)はどこまでもイケメンでやさしく、しゃべり方でからかうことなんてしないで自分でも筆談を楽しんでいたくらいなので、後日談や続編でも特に触れられないままなのかもしれないが、だとすれば主人公はむっつりすけべの変態だという解釈が可能だ。
 おっぱいの話に戻ろう。おっぱいが彫刻的に制御され、最後まで隠されたままであれば大問題だが、おっぱいは顕現するべきものであり、その前提で隠されている。初めて雪静のおっぱいが顕現した時の驚きを表現することは難しい。これほどまでに防御されながらも激しく主張されていたおっぱいがついに姿を現したとき、それは期待ほどではなく軽く失望した、などということはなく、それまでにずいぶんと上がってしまっていたハードルをさらに超えるほどのおっぱいだった。乳首が大きい!大きくて丸い!しかしおっぱいも大きいから下品な感じではなく、調和がとれている!透明感があって、果物ようで、マスカットのように美しい。僕はエロゲーをプレイすることを食事に例える仕草が好きではなく、できるだけ控えるようにしているのだが、この美しいおっぱいと乳首を果物に例える誘惑に抗うのは難しい。2回目のエッチの時のおっぱいも素晴らしかった。1回目であれだけ驚かされたのだから、さすがにもう難しいだろうと思ったところで再びやられた。3回目はさすがに趣向が変わり、おっぱいが閉じられた状態から差分でとんでもない形に変化してしまい、あまりのエロさに衝撃を受けてお先に失礼してしまった。この3回が特に印象的だったが、その後のエッチシーンもどれも素晴らしいものだった。まだ残っている後日談のシーンが楽しみだ。ただし、主人公がやたら広範囲にぶっかけたがることはあまり好きではなく、僕は精液ではなく雪静の身体をもっと見ていたかった。あと、雪静がやたら卑語を口にするのはどうしたものか。いうまでもなく受け入れて共犯者になるしかないのだけど、らめえ系の崩れた言葉の濫用はライターさんにもう少し自制してほしかった。そんなステレオタイプの卑語を使わなくても雪静は十分にエッチなのだから。それから、いちいち書くようなことではないかもしれないが、口でしてくれているときなどのセリフのイントネーションが妙に落ち着いてしまっていて、セリフとは乖離してスーパーの試食コーナーで感想でも口にしているみたいな感じになってしまっていたのはやや残念だったが、雪静の意外とたくましい一面だということにしておこう。
 エッチシーンはダイナミックなものばかりなのだが、雪静との物語は特に読んでいて面白いわけでもない平坦な日常の連続だ。部屋で一緒に画集を眺めたとか、本屋で一緒に買い物をしたとか、ケーキを作って渡したら周りの人も祝福してくれたとか、雪の上を歩いたら風が吹いて雪が夜空に舞い上がってきれいだったとか、平坦な日常の中に小さな幸せを見つけていく。雪静はそうした小さな幸せに感激して、ときには泣いてしまう。それがただ積み重なっていくだけの物語は、エロゲーとしては枯淡の境地なのかもしれない。ただ美しい造形がそれ自体で豊かな物語であるように。

*1:エロい人に木葉楓さんのことを教えていただいた。僕が覚えているヒロインだと、そういえば「セイレムの魔女たち」のメグは素晴らしいヒロインだった。